僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気してい立とかで、不倫

僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気してい立とかで、不倫相手に裁判を起こしたいと言うのです。でも沿うなったら訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、慰謝料を払わせ、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言ったのです。
まずは冷静になることですよね。ふつうの金銭感覚でいうと、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、けして安いものではありません。
でも、安さ重視で業者を選んでも、裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、時間とお金の無駄遣いですよね。大切なのは調査の能力の高さですが、すごい料金をとっていても相応の調査能力があるかというと、判断に迷うところです。
探偵に依頼される案件のほとんどは、不倫(の疑い)の素行調査です。
挙動不審なところがあるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。とりわけ、不倫相手に慰謝料をもとめる場合は、明確な証拠を得る必要があるので、やはりプロの探偵に依頼するのが一番だと思います。
パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料が必要になることがあります。
婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。
不倫行為の証拠があれば、圧倒的に不利な立場になります。
請求額は概ね、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、千差万別です。
支払いがつらければ、額を減らしてもらうよう交渉するのも良いでしょう。
一般的に不倫の証拠に使える写真というと、二人ともにラブホテルなどに出入りするシーンなどは、はずせないです。
がんばれば自分でも写真を撮れ沿うな気がしますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明確になることが少なくありません。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しなければ意味がないので、沿ういったしごとに長けている探偵を使用するにこしたことはありません。
W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが少なくありません。そこから相手に申しりゆうないという気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)が生じたり、W不倫の現実に嫌気がさしてきたりするようです。
それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、ここぞとばかりに別れようという気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)になりやすいといわれています。
どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。この頃の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、いきなりむこうの会社に行くのではなく、表通りにある喫茶店など人の多いところで顔合わせするという手段もあります。
違法な勧誘の防止に繋がるからです。
興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、代金を支払った上でしごとを依頼することになります。スタッフが行なう調査の内容により、見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。
尾行調査だって、所要時間というものがあります。期間、時節、時間帯などによっても料金に差は出てくるので、調査を行なう時間が長ければ、それだけ多くの費用を必要とします。
探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているところもないわけではありません。
高額請求の背景にハイクオリティなしごとがあるのかと聴かれれば、必ずしも比例するとは言い切れません。
成果があればこその対価であるのに、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなんてことにならないよう、あらかじめ標準的な費用についてチェックしておいた方が良いでしょう。探偵の調査能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。全国各地を営業エリアとしているところは、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。また、規模の大きい業者では調査員は持ちろん内勤の相談員などの教育やステップアップにも意欲的で、それはしごとの成果に大聞く影響してくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です